研究者詳細情報
氏 名 馬 彪 フリガナ マ ヒョウ
英文名 MA Biao 生年月 1955-05
所 属 山口大学
TEL 083-923-8196 FAX 083-923-8196
職 名 学位・資格
E-mail
webページ
研究分野・キーワード 東洋史、中国古代史、特に秦漢史、簡牘学、科学技術史
学歴
専門分野 アジア史・アフリカ史
所属学会
研究内容 「雲夢龍崗秦簡」の注釈による秦史の再構築に関する研究
簡牘学による秦漢社会と制度の研究
出土文字と遺跡から見た秦代における禁苑の研究
中国古代における秦・漢時代の社会構造とその変遷、特質を明らかにするため、次の諸項の研究課題となる。 (1) 士大夫階層の沿革と特徴についての研究 (2) 秦漢時代における豪族社会の研究 (3) 秦漢社会の地域性格についての研究 (4) 秦漢の時代精神に関する研究 (5) 古代の簡牘に関する研究
中国古代における秦・漢時代の社会構造とその変遷、特質を明らかにするため、次の諸項の研究課題となる。 (1) 士大夫階層の沿革と特徴についての研究 (2) 秦漢時代における豪族社会の研究 (3) 秦漢社会の地域性格についての研究 (4) 秦漢の時代精神に関する研究 (5) 古代の簡牘に関する研究
龍崗秦簡について
「龍崗秦簡」の研究
「雲夢龍崗秦簡」 の注釈による秦史の再構成に関する研究
雲夢龍崗秦簡研究
雲夢龍崗秦簡研究
現在実施している
共同研究
取り組みたい共同研究のテーマ
著書・論文・作品等
1. 中国上古三代城郭制の伝統の形成とその性格 , 『東アジア伝統の継承と交流』(東アジア研究叢書3) , 2頁~27頁, 2016年
2. 東アジア伝統の「統」「伝」「格」について , 『東アジア伝統の継承と交流』(東アジア研究叢書3), , 2016年
3. 東アジア伝統の継承と交流 (共著), 白帝社, 2016年
4. 始皇帝西巡の線路及び沿線禁苑について , 山口大学文学会志, 66巻19頁~35頁, 2016年
5. お箸の平衡主義文化論序説 , 異文化研究, 10巻35頁~46頁, 2016年
6. 「大小石新探」 , 『アジアの歴史と文化』, 19号29頁~37頁, 2015年
7. 「“前四史”中成書最晚而頗多創新的《後漢書》」 , 『異文化研究』, 9号31頁~38頁, 2015年
8. 「秦上林苑における構造と性格についての研究―秦簡禁苑律による新視点からの探索―」 , 『山口大学文学会志』, 65巻21頁~39頁, 2015年
9. How the earliest known mathematical writings highlight the state’s management of grains in early imperial China , Archive for History of Exact Sciences ISSN 0003-9519 Volume 69 Number 1, 69巻1号1頁~53頁, 2015年
10. 「試論漢簡所見“大石”“小石”的問題」 , 『金塔居延遺址与絲綢之路歴史文化研究』甘粛教育出版社, , 2014年
主な特許
学会発表
「關於《算數書》「舂粟」題及「行」題」報告(その他) 《算數書》及相關簡牘國際研討會 2007年
量詞「石」の上古音について(その他) 山口中国学会 2007年
《算數書》之「益耎」「與田」考(その他) 《算數書》及相關簡牘國際研討會(台湾) 2006年
中国古代における巡幸と巡幸地(その他) 久留部遺跡シンポジウム「久留部遺跡と朝明郡」 2006年
雲夢秦簡與楚王城(その他) 雲夢睡虎地秦竹簡出土三十周年シンポジュウム 2005年
「論秦漢異同与士大夫的社会平衡机制」(その他) 華東師範大学歴史学部・日本河合文化教育研究所・上海古籍出版社・中国魏晋南北朝学会国際シンポジウム「社会与国家関係視野下的漢唐歴史変遷」 2004年
龍崗秦簡簡一についての考察(口頭発表(一般)) 山口中国学会2002年度会 2002年
受賞歴
学外の社会活動
自己PR等