研究者詳細情報
氏 名 西形 孝司 フリガナ ニシカタ タカシ
英文名 NISHIKATA Takashi 生年月 1978-08
所 属 大学院創成科学研究科(工学)
大学院創成科学研究科(工学系学域)
TEL 0836-85-9261 FAX 0836-85-9261
職 名 学位・資格 博士(工学)(2005年)
E-mail
webページ http://nisikata.chem.yamaguchi-u.ac.jp/
研究分野・キーワード 有機金属化学
学歴 群馬大学, 工学部, 応用化学材料工学科, 2000年, 飛び級
群馬大学, 工学研究科, 応用化学, 修士課程, 2002年, 修了
北海道大学, 工学研究科, 分子化学専攻, 博士課程, 2005年, 修了
専門分野 その他(遷移金属触媒反応化学)
所属学会 アメリカ化学会、 有機合成化学協会、 日本化学会
研究内容 遷移金属触媒による革新的結合形成反応の開発
現在実施している
共同研究
取り組みたい共同研究のテーマ
著書・論文・作品等
1. 銅-アミン錯体触媒系により制御可能なアルキルラジカル種の多様な反応開発 , 有機合成化学協会誌, 74巻1号2頁~17頁, 2016年
2. Different behaviors of a Cu catalyst in amine solvents: Controlling N and O reactivities of amide , ACS Catalysis, 6巻6号7418頁~7425頁, 2016年
3. Cationic Pd(II)-catalyzed C–H activation/cross-coupling reactions at room temperature: synthetic and mechanistic studies , the Beilstein Journal of Organic Chemistry, 12号1040頁~1064頁, 2016年
4. Site-selective tertiary-alkyl–fluorine bond formation from alpha-bromoamides using a copper–CsF catalyst system , Angewandte Chemie, International Edition, 55号10008頁~10012頁, 2016年
5. Powerful conditions for the direct arylations of furans at a sterically congested C-H bond , Asian Journal of Organic Chemistry, 5号466頁~469頁, 2016年
6. 飛翔する若手研究者 “新反応をどのようにみつけるか?:銅-アミン触媒系が実現する第三級アルキル基の新導入法” , 化学と工業 , 7巻69号592頁~593頁, 2016年
7. A Facile Formal [2+1] Cycloaddition of Styrenes with alpha-Bromocarbonyls catalyzed by Copper: An Efficient Synthesis of Donor-Acceptor Cyclopropanes , Chemical Communications, 51号12843頁~12846頁, 2015年
8. A Copper-Catalyzed Formal [3 + 2]-Cycloaddition for the Synthesis of All Different Aryl-Substituted Furans and Thiophenes , The Journal of Organic Chemistry, 80号7555頁~7563頁, 2015年
9. General and facile method for exo -methlyene synthesis via regioselective C-C double-bond formation using a copper-amine catalyst system , Organic Letters, 16巻21号5816頁~5819頁, 2014年
10. An Efficient Generation of a Functionalized Tertiary-Alkyl Radical for Copper-catalyzed Tertiary-Alkylative Mizoroki-Heck type Reaction , Journal of the American Chemical Society , 135巻44号16372頁~16375頁, 2013年
主な特許
学会発表
アミンにより制御される銅触媒アルキル化反応の新展開(口頭発表(招待・特別)) 日本化学会第96春季年会 2016年
Copper catalyzed Z-selective alkylation of styrenes(口頭発表(一般)) 日本化学会第95回春季年会 2015年
Copper catalyzed [2+1] and [3+2] cycloaddition reactions of 2-bromocarbonyl compounds and styrenes(口頭発表(一般)) 日本化学会第95回春季年会 2015年
Judicious choice of amines enables switching reaction pathways of iminolactonization and olefination with haloamides catalyzed by a copper salt (口頭発表(一般)) 日本化学会第95回春季年会 2015年
The accurate synthesis of trisubstituted olefins by copper catalyzed Z-selective alkylation of styrenes(ポスター発表) 日本化学会第95回春季年会 2015年
The amine effects in copper catalyzed switching reaction of iminolactonization and olefination(ポスター発表) 第94回日本化学会春季年会 2015年
Copper catalyzed tertiary-alkylative coupling reaction via allylic C-C bond cleavage(ポスター発表) 日本化学会第95回春季年会 2015年
銅触媒により生じるアルキルラジカル種のアミンによる反応経路切り替え(ポスター発表) 第61回有機金属化学討論会 2015年
炭素-炭素結合の開裂を伴うアリル位アルキル化(ポスター発表) 第61回有機金属化学討論会 2015年
銅触媒アルファ-ブロモアミドとアクリル酸エステルとの反応におけるN-及びO-環化の切り替え反応(ポスター発表) 第61回有機金属化学討論会 2015年
受賞歴 2011 Presidential Green Chemistry Challenge Award
優秀論文賞
有機合成化学協会東ソー研究企画賞
第30回若い世代の特別講演証
学外の社会活動
自己PR等 これまでに、私はスズやホウ素試薬によるクロスカップリングを中心とした反応開発に携わってきました。遷移金属触媒化学は、偉大な化学者たちにより深い研究が展開され基本的な要素が出尽くし、それを鍵とする多くの有用物質が合成されました。これらの成果は近年の日本人ノーベル化学賞受賞に現れています。しかし、厳しい資源、そして環境問題に対応するため、この分野はさらなる高みに到達すべく転換期に入っています。私はこれまでの遷移金属触媒反応の“限界”を超える“革新的な”反応開発を、山口大学における研究で目指します。