研究者詳細情報
氏 名 秋田 知芳 フリガナ アキタ トモフサ
英文名 AKITA Tomofusa 生年月 1980-12
所 属 大学院創成科学研究科(工学)
大学院創成科学研究科(工学系学域)
TEL FAX
職 名 学位・資格 博士(工学)(2008年)
E-mail
webページ http://akitaken.kde.yamaguchi-u.ac.jp/
研究分野・キーワード 鉄筋コンクリート構造
学歴 大阪府立工業高等専門学校, 工学部, 建設工学科, 2001年, 卒業
豊橋技術科学大学, 工学部, 建設工学課程, 2003年, 卒業
豊橋技術科学大学, 工学研究科, 建設工学専攻, 修士課程, 2005年, 修了
豊橋技術科学大学, 工学研究科, 機械・構造システム専攻, 博士課程, 2008年, 修了
専門分野 建築構造・材料
所属学会 一般社団法人 日本免震構造協会、 公益社団法人 日本地震工学会、 公益社団法人 日本コンクリート工学会、 一般社団法人 日本建築学会
研究内容
現在実施している
共同研究
取り組みたい共同研究のテーマ
著書・論文・作品等
1. 232 鉄筋コンクリート組積造打込み目地構法におけるRM組積体のせん断強度に及ぼす組積方法の影響 , 日本建築学会中国支部研究報告集, 39巻201頁~204頁, 2016年
2. 226 既存RC造建築物の外付けフレームによる耐震補強工法の研究 : その9 低強度コンクリート既存フレームを外付けフレームで補強した試験体の水平加力実験 , 日本建築学会中国支部研究報告集, 39巻177頁~180頁, 2016年
3. 223 既存RC造建築物の外付けフレームによる耐震補強工法の研究 : その10 低強度コンクリート既存フレーム試験体の水平加力実験 , 日本建築学会中国支部研究報告集, 39巻165頁~168頁, 2016年
4. 23326 既存RC造建築物の外付けフレームによる耐震補強工法の研究 : その5 外付けフレームのPCM十字形接合部のせん断破壊実験(RC耐震補強:外付け・架構(1)構造IV学術講演会・建築デザイン発表会) , 学術講演梗概集, 2015巻651頁~652頁, 2015年
5. 23327 既存RC造建築物の外付けフレームによる耐震補強工法の研究 : その6 外付けフレームのPCMト形接合部のせん断破壊実験(RC耐震補強:外付け・架構(1)構造IV学術講演会・建築デザイン発表会) , 学術講演梗概集, 2015巻653頁~654頁, 2015年
6. 23325 既存RC造建築物の外付けフレームによる耐震補強工法の研究 : その4 柱梁接合部に使用するプレミックスポリマーセメントモルタル(RC耐震補強:外付け・架構(1)構造IV学術講演会・建築デザイン発表会) , 学術講演梗概集, 2015巻649頁~650頁, 2015年
7. 21110 東北地方太平洋沖地震において杭基礎が大破した建物の被害要因分析 その3 上部構造の荷重増分解析及び時刻歴応答解析に基づく被害の評価(相互作用:杭連成応答構造II学術講演会・建築デザイン発表会) , 学術講演梗概集, 2015巻219頁~220頁, 2015年
8. 23398 壁式鉄筋コンクリート造建物の地震時層間変形の簡易算定法に関する研究(海外の組積造コンクリートブロック塀設計法壁式プレキャスト鉄筋コンクリート造構造IV学術講演会・建築デザイン発表会) , 学術講演梗概集, 2015巻795頁~796頁, 2015年
9. 21108 東北地方太平洋沖地震において杭基礎が大破した建物の被害要因分析 その1 被害の概要と杭の被害シミュレーションのための解析モデル(相互作用:杭連成応答構造II学術講演会・建築デザイン発表会) , 学術講演梗概集, 2015巻215頁~216頁, 2015年
10. 2011年東北地方太平洋沖地震により杭基礎が被災した8階建建築物の耐震性能評価 (共著), コンクリ-ト工学年次論文集, 37巻2号973頁~978頁, 2015年
主な特許
学会発表
受賞歴
学外の社会活動
自己PR等