検索結果 詳細

氏 名 曽根 涼子   
ふりがな そね りょうこ 
所属 教育学部
保健体育講座 
職名 大学院担当教授 
学位・資格 博士(体育科学) 
TEL 083-933-5389 
FAX 083-933-5389 
E-MAIL  
URL  
研究分野・キーワード 運動生理学 
教育内容 担当授業
シラバス
人体構造機能論Ⅱ(後期) 
健康運動処方演習(後期) 
文献講読演習(後期) 
総合演習(後期) 
課題研究(後期) 
運動学特論演習(後期) 
運動生理学実習(後期) 
運動健康科学(前期前半) 
運動健康科学(前期後半) 

出前講義
研究内容  
詳細(研究者総覧)
自己PR  7〜8年前から定期的にジョギングをしています。もともと運動・スポーツは好きでしたが、妊娠出産を機に遠ざかっていましたので、最初は10分間くらいでも続けるのがとても大変でした。時間と距離を少しずつ伸ばして、現在は、年に1回だけですが、フルマラソン(下関海響マラソン)を走っています。
 ジョギングなどの持久性運動を続けることは生活習慣病の予防・解消につながることや、何歳になってもトレーニング効果はあること(年齢によって効果に差はありますが)などを講義しています。また、運動トレーニングがストレスに対する循環応答に及ぼす影響についての研究を行い、その有効性を示唆する結果も得ています。ですので、自分自身もできる限り運動を実践しつつ、教育・研究を行いたいと思っています。 
受験生へのメッセージ  適度に運動やスポーツをすることは、心身の健康を維持し、増進することに役立つと言われます。心身ともに健康な人が増えることは、より活力ある社会の実現につながるでしょう。
 私が専門教育に携わっているスポーツ健康科学コースでは、講義や実習によって、運動は身体にどのような影響を及ぼすのか、適度な運動とはどのようなものなのかなどを科学的な根拠に基づいて学び、考えます。皆さんも、私たちと共に、運動による健康づくり、ひいては活力ある社会の実現について科学してみませんか。